引っ越し前から盗聴器?前の住人の残したもの

 

「付き合っている人やトラブルになった人はいないし、引っ越したばかりなので、盗聴・盗撮はされることはない」
そう思っていた人が、盗聴・盗撮で被害を受けることがあります。

住んでいる人が対象ではなく、「前の住人・それ以前の住人が盗聴・盗撮されており、そのままになっている」「悪戯で自室に設置した盗聴器・盗撮器が残っている」ことも。
そういった盗聴器・盗撮器が悪用されることもあります。

 

盗聴器・盗撮器を悪用するのは、仕掛けた人だけとは限りません。

盗聴器・盗撮器は、電波を拾うことで、関係のない第三者が音声を入手にすることもできてしまいます。
盗聴器の電波を探し回って聞く、「盗聴マニア」のような存在もあります。

 

誤解されやすいのですが、盗聴器の受信機は、仕掛けた機材とセットではありません。
受信機にもよりますが、1つの受信機で複数のタイプの盗聴器から、音声を受け取ることができてしまいます。

 

盗聴器・盗撮器にはいろいろなタイプがあり、見ただけではわかりづらいものがほとんどです。
引っ越した部屋に下記のような物があれば注意しましょう。

  • 電化製品
  • コンセントタップ(三穴コンセント)
  • 電源タップ
  • 電話用二股分配器
  • 壁掛け時計
  • 電卓

電化製品やコンセントタップなどは、「残っていて、便利だから使おう」と軽く考えてしまいがちですが、思わぬトラブルになることも。
すでにあるものは外し、自分で準備する方が安心です。

なお、こういった目に見えるタイプではなく、コンセント裏の壁の中や、エアコンの裏に盗聴器が設置されていたケースもあります。

第三者が自分のことをおかしいほど知っている、撮影した覚えのない自分の画像や部屋の画像がある、ストーカーに合うようになり、行く先々で先回りをされる――こういったときには、盗聴・盗撮の可能性も考慮なさった方がいいでしょう。

 

盗聴・盗撮に関する調査ご相談の際はご注意ください

盗聴・盗撮が疑われるとき、自宅や自室からのご相談は避けてください。
その会話が盗聴している相手に知られる可能性があります。
自宅や自室以外の場所で、固定電話、LINE、メールなどでのご相談をおすすめします。

引っ越し先・引っ越し前の盗聴器・盗撮器確認調査のご相談も承っております。
どうぞお気軽におよせください。

浜松の探偵 アクト綜合リサーチ