盗聴器・盗撮器~コンセントタイプの恐怖

 

最近の盗聴器・盗撮器で最も数が多くみつかっているのが「コンセントタップ型盗聴器」です。

コンセントタップ型盗聴器は、「三穴コンセントタイプ」や「テーブルタップ」などがあります。
どれも小型で、部屋にあっても不自然になりません。
屋外からスマートフォンで操作できるタイプまであります。

設置も簡単で、配線も不要、電源コンセントにつけるだけなので、1分とかかりません。
このため「いつの間にかつけられていた」ということも多いのです。

また、コンセントタップ型盗聴器は、コンセントから電源がとれますので、外されるまで連続で盗聴が可能になってしまいます。
気がつかれないだけではなく、連続使用が可能という点も怖いところです。

 

 

次のようなケースもあります。

「引っ越し先で壁のコンセントに、穴コンセントがついていたので、そのまま使っていたら、盗聴器だった」

「居間のコンセントに、いつの間にかコンセントタップがついていた。おかしいことがあって調べたら、盗聴器だった。誰が、いつつけたのか見当がつかない」

「エアコンの所にコンセントタップがあり、エアコンの為だと思っていたら、家族がつけた盗撮器だった」

 

盗聴や盗撮の疑いがあるが思い当たるものはないというときは、余分なコンセントタップはないかを確認し、覚えのないものは外しましょう。
照明器具、エアコンなど、家電の元に拡張コンセントはないかも確認し、記憶にないものは、外して違うものにするのも方法です。

引っ越し先ですでにコンセントタップがついているときも、安全の為、利用しない方がいいでしょう。

盗聴や盗撮の疑いがあるが、みつけられなかった、確認したが不安が残るときは、どうぞご相談ください。

 

盗聴・盗撮に関する調査ご相談の際はご注意ください

盗聴・盗撮が疑われるときは、自宅や自室からのご連絡・ご相談は避けてください。
その会話が盗聴している相手に知られてしまうことがあるためです。
一人になれる場所で、固定電話、LINE、メールなどでのご相談をおすすめします。

また、盗聴・盗撮に関する相談を家族や恋人・親しい友人にしたところ、ひどく反対された。
その後、相談した相手が盗聴器を仕掛けていた判明した事例もあります。
相談相手が信用できるかどうかは慎重にお考えになった方がいいでしょう。

 

浜松の探偵 アクト綜合リサーチ